Wentworth-by-the-Sea Hotel 1905年日露講約の場所(New Castle, New Hampshire)

1905年、日露講和条約がポーツマスで結ばれた時、日本とロシア両国の代表が滞在していたホテルです。海の側にあり、ヨットクラブや素晴らしい景色のゴルフ場もありニューヨーク、ボストンあたりからの夏の避暑客で賑わっていました。ホテルは1874年に建設され、1980年には壊される運命でしたが、町の人たちの大反対で残されることになり、現在はMarriott Hotel が運営していて、 昔の面影を 残しています。小村外相を始め日本代表の方達はホテルからボートに乗ったり、また車で直ぐ近くにある交渉の場所であるPortsmouth Shipyardに行きました。仲介したルーズベルト大統領はノーベル平和賞を受賞しました。

(BILSON, SUMIKO,NH)